PREVENTIVE

定期健診で虫歯や歯周病を
予防しましょう

進行した虫歯を放っておくと、どんどん悪化して歯を失うリスクを負いますので早く治療することはとても大切です。そして、虫歯も歯周病も再発しやすい病気で、「負のスパイラル」に陥らないように注意が必要です。治療が終わったときに「3ヶ月~半年くらいでチェックに来てくださいね」とお声かけするのは、虫歯の再発リスクを減らし、患者様のお口の健康を守るためです。

小田急相模原駅ラクアル・オダサガの歯医者「あんざい歯科医院」では歯のメインテナンスに力を入れ、痛くなる前の定期検診をおすすめします。

大切なのは意識を高めること

歯のメインテナンス

虫歯や歯周病の治療や予防の基本は毎日のブラッシングです。
歯に付着する汚れをしっかり落とせていればよいですが、毎日のセルフケアだけでは歯と歯の間や歯と歯ぐきの溝に汚れが残ってしまうことがあります。毎日のセルフケアに加えていただきたいのが、定期的なプロフェッショナルケアです。歯のクリーニングを受ければ、セルフケアでは落としきれないプラーク(歯垢)や歯石をきれいに落とせます。定期検診では口腔内をチェックしますので、もしすでに病気を発症してしまっていたとしても自覚症状が現れる前ですので、早期発見・早期治療につながり治療も比較的かんたんです。
痛くなってからの対症療法ではなく、痛くなる前の予防をするという意識を高めて、お口の健康を守りましょう。口腔ケアのプロフェッショナルの歯科衛生士が専門知識をいかしてサポートします。

予防の効果

トラブルを未然に防ぐ
虫歯や歯周病の発症や再発を防ぐことができます。咀嚼(そしゃく)や発音、身体のバランス維持に大切な歯をいつまでも健康に保つことができるので、お口まわりだけでなく全身の健康につながります。
治療費を抑える
定期検診を受けていて病気の発症を防げば治療が不要です。またすでに発症していても早期発見・早期治療が可能です。そのためどちらの場合も治療の負担も治療費用も抑えられます。
お口の中がスッキリする
専用の器具を使って歯と歯ぐきの汚れを落とすので、お口の中がリフレッシュします。定期的に爽快感を味わっていると、お口の中の汚れに敏感になり、お口のケアの意識が高まります。

初診時や歯のメインテナンスまでの流れ

  1. Step
    01

    初診時

    スクリーニング検査をします。主訴(しゅそ:通院を決めたおもな理由)を伺いチェックしたあと、歯周検査や口腔内写真やレントゲン撮影そして歯のクリーニングなどを行うのです。痛みが強い場合には投薬のみを行うこともあります。

  2. Step
    02

    オーラルドッグ

    虫歯や歯周病の疑いがある方の検査を行います。必要に応じて唾液検査、位相差顕微鏡検査、プラークや歯石の染め出しと写真撮影、デンタル撮影14枚法などを行います。
    虫歯のある方は治療に進みます。歯周検査で歯周ポケットが深く、炎症がみられる場合には、口腔内環境の改善を図る方法をご提案します。

  3. Step
    03

    歯周組織の再検査・セルフケア指導

    歯ぐきの健康のためには毎日のセルフケアが欠かせません。正しいセルフケアの方法をアドバイスします。

  4. Step
    04

    歯周基本治療

    歯周ポケットが深く、細菌が付着していて炎症がある場合、プラークや歯石を除去して歯周病の進行を抑えます。お口の状態により2~4回ほどの歯周基本治療を行います。

  5. Step
    05

    治療

    歯周基本治療で歯ぐきの炎症が改善しない場合は、さらに歯周病の治療を行います。

  6. Step
    06

    歯のメインテナンス

    虫歯や歯周病の治療が終了しましたら、その状態を保つためのプロテクトケアプランをご提案します。定期的なご来院時に歯の状態をチェックしご説明します。
    その後プロフェッショナルクリーニングを行っていきます。
    毎日のセルフケアとともに、定期的な検診とプロフェッショナルケアで、口腔内の細菌の繁殖を抑え、虫歯や歯周病の予防につなげましょう。

セルフケアについて

  • ブラッシング

    歯ブラシの持ち方や動かし方など、お口の状態に合わせた方法をアドバイスします。おうちではみがき残しがないようにブラッシングしてください。

  • デンタルフロス

    歯と歯の間の汚れをかき出すのに有効です。糸を指に巻きつけるタイプとスティックタイプがあります。

  • 歯間ブラシ

    さまざまな太さやタイプの歯間ブラシがあります。お口に合った歯間ブラシを選んで、汚れをしっかり落としましょう。

ページトップへ