歯を失ったら早めに治療しましょう

歯を失ったら早めに治療しましょう

歯を失ったままにしておくと、まわりの歯が倒れ込んできたり、咬み合っていた歯が伸びてきたりして、咬み合わせのバランスがくずれてしまいます。するとお口全体の健康がおびやかされるので、早く治療を受けることが大切です。

治療法はおもに3つです。歴史が古い「入れ歯治療」、となりの歯を支台にする「ブリッジ治療」、そして人工歯根を埋め込む「インプラント治療」です。こちらでは入れ歯治療とブリッジ治療についてご説明します。小田急相模原駅ラクアル・オダサガの歯医者「あんざい歯科医院」ではカウンセリングを丁寧に行い、患者様に合った治療法をご提案します。

取り外し可能な補綴物(ほてつぶつ)~入れ歯治療~

取り外し可能な補綴物(ほてつぶつ)~入れ歯治療~

入れ歯治療はもっともポピュラーな治療法です。失ってしまった歯の本数にかかわらず治療可能です。歯が残っている場合につくるのが部分入れ歯(部分床義歯)で、歯にバネ(クラスプ)などの固定装置をかけて安定させます。歯が残っていない場合につくるのが総入れ歯(全部床義歯)です。

また保険診療と自費診療の入れ歯を選ぶことができます。保険診療の総入れ歯はレジン(歯科用プラスチック)製で、部分入れ歯には金属製のバネもつきます。自費診療の入れ歯はさまざまな素材から選択可能で、「よく咬めるように」「より自然な見た目に」「食べ物の温度を感じたい」「できるだけ装着感をよくしたい」などのこだわりの実現に近づけることができます。

保険診療の入れ歯について
  • 保険診療の入れ歯について
  • メリット デメリット
    • 費用負担を抑えられます
    • 修理や調整が容易です
    • 素材に制限があるので、ある程度の厚みがあり、汚れがつきやすく、見た目に入れ歯と分かってしまいます
    • 装着感があまりよくなく、食べ物の温度がほとんど伝わりません
自費診療の入れ歯について
  • 自費診療の入れ歯について
  • メリット デメリット
    • 再治療の少ない仕上がりが可能
    • 「装着感」「咬み心地」「見た目」など患者様のご要望に近づけることができます
    • 全額患者様の負担なので治療費が比較的高額です
    • 修理が難しい素材があります
自費診療の入れ歯の種類
金属床義歯 ノンクラスプデンチャー

金属床義歯

床部分を金属でつくる義歯です。薄いうえ丈夫です。食べ物の温度が伝わりやすいので味覚を助けます。

ノンクラスプデンチャー

バネがない部分入れ歯です。特殊な弾性のある樹脂なので歯ぐきにフィットします。

マグネットデンチャー コーヌスクローネデンチャー

マグネットデンチャー

歯根に磁性金属を埋め込み、入れ歯の磁石で磁力によって固定する入れ歯です。しっかり固定するのでグッと咬みしめられます。

コーヌスクローネデンチャー

残っている歯に内冠を装着し、それにぴったり合う外冠を入れ歯に取りつけて、固定します。しっかり咬めます。

インプラントオーバーデンチャー  

インプラントオーバーデンチャー

顎の骨にインプラントを2~4本埋入し、脱着式の入れ歯を使用するのがインプラントオーバーデンチャーです。すべての歯を失った場合に適用する入れ歯です。

 

連結した人工歯を装着~ブリッジ治療~

連結した人工歯を装着~ブリッジ治療~

失ってしまった歯のとなりの歯を削って支台にして、そこに橋(ブリッジ)のように連結した人工歯を装着して失った歯の機能を補うのがブリッジ治療です。

ブリッジ治療のメリット・デメリット

【メリット】

1:自分の歯のように咬める

固定式なので、自分の歯のようにグッと咬みしめることができます。

2:入れ歯にくらべて違和感が少ない

歯の大きさとほとんど同じで、入れ歯のように床がついていないので違和感が少なめです。

3:インプラント治療にくらべて治療期間が短い

インプラント治療は比較的長期間かかりますが、ブリッジ治療は連結歯を装着するだけなので治療期間が短めです。

4:保険診療を選択すると比較的安価

治療費用の負担が一部で済むので比較的安価に治療できます。

5:自費診療を選択するとより自然な見た目に仕上がる

セラミック製の人工歯の場合、美しい見た目と機能性の回復が可能です。

【デメリット】

1:健康な歯質を削らなければならない

失った歯の両方のとなりの歯を支台にします。その歯を大きく削らなければなりません。場合によっては神経の除去が必要です。

2:支台歯に大きな負担をかける

支台歯には補う歯の分の力も加わるため、大きな負担がかかります。健康な歯質を削られることも加わって、支台歯の寿命を縮めてしまいます。

3:顎の骨が痩せる

歯を失った部位の顎の骨に咀嚼(そしゃく)の刺激が伝わらないので、顎の骨が痩せてしまいます。経年により歯列や咬み合わせのバランスがくずれてしまいます。