精密治療を受けませんか?

精密治療を受けませんか?

お口の健康を守る歯科医院として、むし歯歯周病などのお口のトラブルの治療をご提供します。それは再発を防ぎ、再治療を行わないで済むような治療です。せっかく治療してお口のトラブルの進行を止めたのですから、ふたたび痛い思いやつらい思いをして欲しくありません。

そのために小田急相模原駅ラクアル・オダサガの歯医者「あんざい歯科医院」では、精密治療をご提供します。治療の際に、マイクロスコープを使用し、裸眼では捉えきれない細かい部位を拡大視してしっかり把握しながら一つひとつの処置を行うのです。

ずっと健口を維持するために~匠ブランド治療~

ずっと健口を維持するために~匠ブランド治療~

保険診療は全国どこでも同じ治療を受けられ、患者様の治療費負担は一部で済むので比較的安価に歯の機能回復ができます。しかし基本的な機能回復を目的としていて、見た目の美しさには重点を置かず、金属の補綴物(ほてつぶつ:詰め物や被せ物)を使用することがあります。銀歯は白い歯列の中で目立ってしまうのが気になりますが、じつは心配なのはそれだけではありません。
匠ブランド治療は繰り返しの治療を終わらせるための、患者さんにとって最適なプログラムを提供することです。

保険診療のデメリット
  • 目立ってしまうので、コンプレックスになることがあります
  • 使用する金属には汚れが付着しやすいので、むし歯や歯周病の発症・再発・進行のリスクが高めです
  • 金属アレルギーを引き起こす心配があります

自費診療は治療素材や治療方法を選択できます。日々進化する歯科医療の新しく優れた技術や素材を活用できるのです。ただ、治療費用は全額患者様が負担しなければなりません。そのため、高額に感じてしまうかもしれません。

自費診療でむし歯の治療を行って、セラミック製の補綴物を装着した場合、確かにその際に支払う治療費は比較的高額です。しかしセラミック製の人工歯は汚れがつきにくいので、銀歯にくらべてむし歯の再発リスクを抑えられます。また、さまざまな機器を使用しながら時間をかけた精密治療ができますので人工歯の精度が高いうえ、長持ちしますし、自然な美しさがあります。口元を気にすることなく、食べたり、笑ったり、話したりできるのです。

保険診療のデメリット

一時的に治療費用が抑えられるとはいえ、再発のリスクを負い、負のスパイラルが心配な保険診療と、高額な治療費を払うとはいえ、長くストレスなく過ごせる自費診療とでは、長期的な視点に立つとメリットは自費診療のほうがあるのではないでしょうか? 当院ではお口の健康、「健口」を維持するために、精密治療をご提供できる自費診療を推奨します。それが「匠ブランド治療」です。

保険診療と自費診療のどちらの診療を行うにしても、両方のメリット・デメリットを患者様に丁寧にご説明します。そのうえで、患者様に合う治療法をご選択いただきますので、まずはお気軽にご相談ください。

匠ブランド治療の特徴

  • 歯科医師・歯科衛生士はマイクロスコープの使用による精密治療をご提供します
  • お口全体を一つの単位として考え、長い目で見た診療を行います
  • カウンセリングを丁寧に行い、むし歯や歯周病が発症してしまった原因を追究し、リスクを除去します
  • 「健口」の維持のための毎日のセルフケアについてアドバイスします
  • 定期検診を推奨し、お口のトラブルの再発防止につなげます
  • 匠チーム(歯科医師・歯科衛生士・歯科助手)によるチーム連携での対応をいたします

匠ブランド治療メニュー