乱れた歯並びを整えます

乱れた歯並びを整えます

美しくに並んでいる歯列はあなたの笑顔をより引き立てます。しかし歯並びや咬み合わせが悪いと、口元が目立ってしまい気になります。すると人前で話をしたくなくなってしまったり、笑顔をためらったりしてしまいがちです。見た目が悪いだけではありません。咀嚼(そしゃく)や発音などもうまくいかなくなり、お口まわりだけでなく全身の健康にも影響を与えるリスクがあります。小田急相模原駅ラクアル・オダサガの歯医者「あんざい歯科医院」では矯正専門医が矯正治療をご提供しますので歯並びのお悩みはお気軽にご相談ください。

歯並びや咬み合わせを整えます~矯正歯科~

歯並びに乱れにはさまざまな種類があります。上の前歯が突出している「上顎前突(出っ歯)」、下の歯が前に出ている「反対咬合(受け口)」、歯がでこぼこに生えている「叢生(そうせい)」、前歯が咬み合わない「開咬(かいこう)」などです。

上顎前突
「出っ歯」
下顎前突
「受け口」
叢生
「八重歯など」
開咬
上顎前突「出っ歯」 下顎前突「受け口」 叢生「八重歯など」 開咬

※表は左右にスクロールして確認することができます。

不正咬合を放っておくリスク
  • 食べ物を咬み切れないことがあります
  • 食べ物を細かく砕けないと、胃腸に負担をかけます
  • 歯にすき間があったり、舌の位置が不安定になりやすかったりして発音が不明瞭になりがちです
  • 顎関節に過度の負担がかかります
  • お口の自浄作用がはたらきにくいのでむし歯や歯周病のリスクが高くなりがちです
  • 口臭の原因になります
  • 歯を折る、頬や舌を咬んでケガするなどを起こしやすくなります

矯正専門医が在籍しています

矯正治療は歯科医師の免許を取得していれば誰でも行えます。しかし歯科医療は日々進化していますので、すべての分野において新しい知識と経験を積むことは難しいことです。とくに矯正歯科は専門的な知識と経験が求められる診療項目ですので、当院では矯正治療は専門医がご提供します。

矯正専門医とは

矯正治療の専門的な知識と技術、経験が豊富だと認められた歯科医師に認められる資格です。「JBO認定歯科矯正専門医」として認められるには、5年以上の矯正専従医としての経験と、定められた5年以上の研修を修了している必要があります。また100症例以上の矯正治療の実績があり、そのうちの5症例についての臨床評価を受け、合格することが条件になっています。

矯正装置について

矯正治療というと歯面に金属の装置(ブラケット)にワイヤーを通すメタルブラケットを思い浮かべると思います。さまざまな歯並びの治療に使用できますが、目立ってしまうのがデメリットです。今では治療期間を短くできる矯正装置や目立ちにくい矯正装置を選ぶこともできます。

ミニスクリュー矯正

通常のワイヤー矯正では奥歯を支点にして前歯を動かします。その際には奥歯を動かさないようにしながら歯列を整えるので、弱い力で時間をかけて歯を動かさなければなりません。強い力をかけてしまうと奥歯が前に動いてしまうからです。

ミニスクリュー矯正では、まず小さなチタン製のネジを顎の骨に埋め込み、そこを支点にして歯を動かします。そのため、外科手術や抜歯が必要とされるようなかなり大きな歯並びの乱れにおいても、比較的短期間で、そして比較的患者様の負担を抑えながら整えられます。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

形が少しずつ異なるマウスピースを2週間ほどで取り替えていき、歯を理想の位置に動かしていく方法です。マウスピースは薄くて透明なので装着していてもほとんど目立ちません。また取り外し可能で、矯正装置抜きで食事やブラッシングができるので、ワイヤー矯正で感じやすい特有のストレスがかかりません。