まるで自分の歯のような咬み心地に

まるで自分の歯のような咬み心地に

むし歯や歯周病、ケガなどが原因で歯を失ってしまうことがあります。永久歯を失うと二度と生えてきませんので、そのままにしておくと、まわりの歯が倒れ込んできたり、咬み合う歯が伸びてきたりして歯並びや咬み合わせが乱れてしまいます。歯を1本失ったことがお口全体の健康寿命を縮めてしまうのです。

失った歯を補う治療はおもに3つです。取り外し可能な「入れ歯治療」、となりの歯を削って支台にして連結した人工歯を装着する「ブリッジ治療」、そして高度な技術と適切な設備が要求される「インプラント治療」があります。小田急相模原駅ラクアル・オダサガの歯医者「あんざい歯科医院」は精度の高いインプラント治療をご提供しますので、お気軽にご相談ください。

しっかり咬めるように~インプラント治療~

インプラント治療とは

顎の骨に外科手術で人工歯根(インプラント)を埋め込んで支台にして、セラミック製の被せ物や特殊な入れ歯を装着して失った歯の機能を補う治療です。表面に特殊な処理が施してある生体親和性の高いチタン製の人工歯根が顎の骨にしっかり結合すると、グッと咬みしめることができます。

インプラント治療のメリット・デメリット

【メリット】

1:自分の歯のような咬み心地

天然歯で咬む力の約8割まで回復できるといわれています。総入れ歯は天然歯の約2割の咬む力しか回復できないといわれているのを考えると自分の歯のようにしっかり咬みたい方にはインプラント治療がおすすめです。

2:自然な見た目

人工歯根の上にセラミック製の人工歯を装着すると天然歯のような自然で美しい見た目を再現できます。特殊な入れ歯を装着する場合でも固定装置が見えないので自然な見た目です。

3:まわりの歯に負担をかけない

部分入れ歯の場合は残っている歯にバネをかけます。ブリッジ治療の場合は健康な歯を削って支台にします。どちらもまわりの歯に大きな負担をかけ、支台にした歯の寿命を縮めてしまいますが、インプラント治療はまわりの歯に負担をかけません。

4:ストレスなく食事を楽しめる

入れ歯を装着して食事をすると、咬んだときにずれたり、グッと咬みしめられなかったり、食べ物の温度が分からなかったりしてストレスを感じることがあります。しかしインプラント治療の場合はストレスなく食事を楽しめるうえ、味覚をほとんど損ないません。

【デメリット】

1:費用が高額

インプラント治療は保険外診療です。治療費用は全額自己負担ですので比較的高額になります。ただし、医療費控除によって治療費の負担の軽減が可能です。

2:治療期間が長い

インプラント治療には、治療前の検査と診断、外科手術と経過観察が必要ですので、治療期間が長めです。とくに人工歯根が顎の骨と結合するまで、2~6ヶ月の治癒期間を設けなければなりません。

3:治療が行えない場合がある

糖尿病や心疾患、脳疾患などの全身疾患がある場合には、インプラント治療を行えないことがあります。

インプラント周囲炎に注意しましょう

インプラント周囲炎に注意しましょう

インプラント治療を行ったあとは、治療部位を清潔に保つことが大切です。汚れをためてしまうと歯周病に似たインプラント周囲炎を起こしてしまいます。インプラントのまわりの歯ぐきの炎症が進行すると、顎の骨が溶かされてしまい、せっかく治療したインプラントが使えなくなってしまうリスクがあるのです。

インプラントはプロテクトケアによって長く使用できます。毎日のセルフケアと定期的な歯科医院でのプロテクトケアで長く快適に使用してください。

インプラント治療前に咬み合わせの治療を

インプラント治療前に咬み合わせの治療を

咬み合わせが悪いと、一部の歯に強い力が加わってしまい、その歯の寿命を縮めてしまいます。咬み合わせがずれているまま、インプラント治療を行ってしまうと、さらに咬み合わせがゆがんだり、強く当たってインプラントが破折してしまったりすることがあるのです。そうならないように、インプラント治療前に咬み合わせの調整や治療が欠かせないのです。せっかくインプラント治療で咬める喜びを取り戻すのですから、まず土台をしっかり整えて、長期間しっかり咬めるようにサポートいたします。

インプラント症例

エステティックインプラント

術前の歯肉の状態をキープしながらインプラント審美回復を行ったケース

  • エステティックインプラントエステティックインプラント
  • エステティックインプラントエステティックインプラント