お口の健康~健口から健康へ

お口の健康~健口から健康へ

小田急相模原駅すぐのラクアル・オダサガ1階の「あんざい歯科医院」は、「健口から健康へ」を医院理念として、一人でも多くの地域の皆様の口元を健やかに=「健口寿命」を延ばすことを目指す歯医者です。丁寧なカウンセリングを行い、一人ひとりの患者様に合わせた歯科医療をご提供します。

お口の健康も全身の健康も治療だけでなく予防意識を高めることでその健康寿命が延びるといわれています。院長をはじめスタッフ一同が、皆様の健康増進のために、日々、安心と信頼、安全と誠実さをモットーに歯科医療をご提供いたしますのでお気軽にご来院ください。

予防重視で健口から健康へ

予防重視で健口から健康へ

むし歯や歯周病にかかってしまったらできるだけ早く治療して進行を止めなければなりません。お口のトラブルはある程度進行してしまうと自然治癒することはなく、そのまま放置すれば歯を失うことにつながってしまうのです。治療よりもさらに重要なのは予防です。とくに子どものころから予防意識を高め、口腔ケアを習慣にできれば、長い人生で「むし歯ゼロ」も夢ではなくなります。

口腔ケアのプロフェッショナルは担当制です

口腔ケアのプロフェッショナルは担当制です

歯科衛生士は口腔ケアのプロフェッショナルです。当院では決まった歯科衛生士が患者様のお口をチェックする担当衛生士制を採用しています。いつも同じ歯科衛生士が歯のクリーニングや口腔内チェックを行えば、少しの変化も見逃さずに済むからです。

担当衛生士制のメリット

メリット1:

一人ひとり異なるお口の状態や傾向を一貫して把握できるので、効果的な予防処置ができます。

メリット2:

毎回同じ説明をする必要がありません。安心して処置を受けていただけます。

メリット3:

顔見知りなのでコミュニケーションもスムーズです。お口のお悩みも話しやすい雰囲気です。

予防の意識を高めましょう

日本ではまだまだ歯科医院は治療のために行くところです。しかし歯科先進国といわれるような欧米諸国(スウェーデン、米国、英国など)では、むし歯や歯周病にかからないように予防のために通院するのが常識となっています。予防歯科が浸透し、定期検診の受診率が高いスウェーデンでの80歳の平均の残存指数は20本を超えるというデータがあります。永久歯は、親知らずを除いて全部で28本あり、そのうち20本の歯が残っていれば咀嚼(そしゃく)や発音に大きな支障は与えないといわれているのです。

対処療法が主流の日本では平成5年では80歳の時点での残存歯数が20本を超える人は全体の1割ほどでした。スウェーデンのご高齢の方がとくに不具合を感じることなく生活しているときに、日本のご高齢の方は入れ歯などにお世話になっているということです。この状況の改善のために1989年から日本では8020運動がはじまり、80歳の時点で20本の歯を残そうと、厚生省(当時)と日本歯科医師会が協力して予防を含めた歯科医療を推進するようになり、2016年の統計では80歳の時点で20本以上の歯が残っている人の割合は二人に一人にまで増加しています。

一人でも多くの方に、いつまでも健康な歯で過ごしていただくために、当院では予防歯科での定期検診を通して健やかな口元=「健口」をサポートします。

むし歯のメカニズム

むし歯のメカニズム

むし歯とは、プラーク(歯垢)に潜むむし歯の原因菌がお口の中の糖分をエサにして「酸」を出し、その「酸」が歯を溶かしていく病気です。むし歯になりやすい人となりにくい人がいますが、それは人によって歯質が異なるからです。またむし歯の原因菌と糖分の両方が存在している状態が長いと、むし歯が発症し進行しやすくなります。むし歯のメカニズムが分かれば、その予防ができるのです。

【予防のためのポイント】

歯質の強化:

定期的なフッ素塗布はむし歯への抵抗力を高めます。また自浄作用があり、口腔内環境を整える唾液の分泌を促すことが歯質の強化につながります。

むし歯の原因菌の除去:

プラークはむし歯の住処(すみか)ですので、毎日のブラッシングや定期的な歯科医院での歯のクリーニングで取り除くことが大切です。

糖分を残さない:

むし歯予防のためには糖分を控えることをおすすめします。また食べたらブラッシングしたり、口ゆすぎをしたりして、なるべく口腔内をきれいにする習慣をつけましょう。

子どものころからの予防がおすすめです

子どものころからの予防がおすすめです

乳歯は永久歯にくらべむし歯になりやすい歯です。それは歯を覆うエナメル質が薄いうえ、やわらかいからで、またいったんむし歯にかかると進行が早いのも特徴です。さらに、奥歯の咬み合う面にある溝には汚れがたまりやすく、むし歯になりやすいので注意が必要です。しかし子どもは自分では口腔ケアができませんので、親御様がお子様の健康を守ってあげなければなりません。

乳歯はいずれ生え替わるからとむし歯を放置してしまう方がいらっしゃいますが、それは大切な永久歯に大きなリスクを負わせます。まだやわらかい生えたての永久歯がむし歯になりやすい環境の中に生えてきてしまうのです。また乳歯をむし歯で早く失ってしまうと、永久歯が理想的な位置に生えづらくなり、歯列を乱してしまう可能性が高まるのです。

大切なお子様にむし歯の痛みを経験して欲しくありません。そこでおすすめなのが予防なのです。当院では予防メニューを中心に小児歯科をご提供します。

PICK UP!【バクテリアセラピーをご紹介します】

PICK UP! 【バクテリアセラピーをご紹介します】

バクテリアセラピーとは、身体に必要なバクテリアを積極的に摂取して体内で増やし、悪い作用をするバクテリアの活性化を抑えて、口腔内環境を改善していく療法です。お口の中には無数の細菌が存在して口内フローラを形成しています。その中にはむし歯や歯周病の原因菌が含まれていて、身体の抵抗力が弱まるとさまざまな感染症が引き起こされるのです。

スウェーデンで開発された予防方法がプロバイオティクスを利用したオーラルケアです。それが「プロディンティス」です。母乳・口腔由来の乳酸菌「L.ロイテリ菌」が生菌のまま含まれていて、それが口腔内の細菌の質を変化させ、むし歯の発症リスクを抑えます。

安全性が高いプロディンティスは、歯科以外にも、小児科や産婦人科、消化器内科などさまざまな医療において採用されています。妊婦さんや赤ちゃんにも安心です。