むし歯は早く治療しましょう

むし歯は早く治療しましょう

むし歯は広く蔓延しているお口の病気です。誰でもなってしまう可能性のあるとても身近な病気なので、お口に違和感が現れてもすぐに治療に行かず通院を先延ばしにしてしまう方がいらっしゃいます。しかしいったん進行したむし歯は自然治癒しません。どんどん悪化してしまいますので、できるだけ早く進行を止める治療をすることが大切です。「歯が痛む」「冷たい物がしみる」などの自覚症状がある方は、小田急相模原駅ラクアル・オダサガの歯医者「あんざい歯科医院」の一般歯科・小児歯科にご相談ください。

むし歯を治療します~一般歯科~

むし歯のメカニズム

むし歯のメカニズム

まず、むし歯の原因菌がお口の中の糖分をエサにしてネバネバ成分を産出します。それが歯面に付着してプラーク(歯垢)を形成し、そこでも糖を分解して「酸」を出します。その「酸」が歯を溶かしていくのがむし歯のメカニズムです。むし歯は、お口の中にむし歯の原因菌とエサになる糖が長い時間存在し、さらに歯質が「酸」に弱いと発症・進行しやすくなります。そのため、「食べたら口の中をきれいにする」を習慣にするだけでもむし歯のリスクを抑えられるのです。

むし歯の要因とリスクを抑えるためのポイント
むし歯の原因菌 糖分 弱い歯質
プラークの中は細菌の巣です。プラークや歯石を取り除き細菌を減らすことが大切です。 糖がむし歯の原因菌のエサになりますので、糖分をお口の中に長時間残さないようにしましょう。 歯の再石灰化を促したり、お口の自浄作用がある唾液の分泌を活発化させたりしましょう。
むし歯の進行段階と治療法

CO
初期段階のむし歯

CO初期段階のむし歯
【状態】
歯の表面が白く濁って見えます。エナメル質の成分が溶け出している「脱灰(だっかい)」の状態です。自覚症状はまだありません。
【治療法】
歯に付着する汚れを落とし歯の再石灰化を促します。この段階は治癒が期待できるのです。ブラッシング指導やフッ素塗布などを行います。

C1
エナメル質のむし歯

C1エナメル質のむし歯
【状態】
エナメル質がさらに溶かされた状態で、穴が開き、黒ずんで見えます。痛みなどはまだ現れませんが、「冷たい物がしみる」ことがあります。
【治療法】
むし歯に汚染された部分を除去してから、レジン(歯科用プラスチック)で補います。

C2
象牙質のむし歯

C2象牙質のむし歯
【状態】
エナメル質の内側の象牙質にまで汚染が進んだ状態です。「歯が痛む・しみる」などの症状が現れます。
【治療法】
むし歯部分を取り除いたあと、インレー(詰め物)やクラウン(被せ物)で補います。

C3
神経に達したむし歯

C3神経に達したむし歯
【状態】
歯の中の神経にまで汚染が進んだ状態です。何もしなくてもズキズキ痛みます。しばらくすると歯の神経が死んでしまうので痛みがなくなりますが、むし歯はさらに進行していきます。
【治療法】
抜歯を避けるために「根管(こんかん)治療」を行います。土台(コア)をつくってから被せ物を装着して歯の機能を補います。

C4
歯根に達したむし歯

C4歯根に達したむし歯
【状態】
さらに汚染が広がり、歯がほとんど残っていない状態です。歯根の先に膿がたまると炎症を起こし、ふたたび激しく痛みます。
【治療法】
ほとんどの場合抜歯が選択されます。そして入れ歯治療ブリッジ治療インプラント治療の中から治療を選択することになります。
PICK UP!【むし歯を薬で治療する~ドックスベストセメント~】
日本の一般的なむし歯治療では、むし歯に汚染された部位を除去して細菌をすべて取り除きます。しかし米国ではミネラルでむし歯の原因菌を不活性化してむし歯を治療する方法が一般的です。それがドックスベストセメントです。セメントの含まれている銅イオンがむし歯の原因菌をじわじわと殺菌するので、むし歯をすべて取り除く必要がなく、ある程度汚染歯質が残っている状態で、ドックスセメントを詰めてかインレーを装着して治療を完了します。当院ではドックスベストセメントにも対応します。

進行した重度のむし歯~根管治療~

進行した重度のむし歯~根管治療~

歯の神経にまで汚染が進んだ重度のむし歯は、歯の中の細い管「根管」内から汚染された神経や血管、歯質を除去し、洗浄・消毒してから、薬剤をすき間なく充填します。これが根管治療です。そしてその上に詰め物や被せ物をして歯の機能を補います。抜歯を避けて、できるだけ歯を残すための大切な治療です。「根管治療」において根管内に活性化する細菌を残してしまうと再発してしまうので、治療には精密さが要求されます。当院ではさまざまな工夫により精度の高い治療をご提供します。

精度の高い根管治療のために~ラバーダム~

精度の高い根管治療のために~ラバーダム~

根管治療中に根管内に唾液が入ってしまうと、細菌も侵入してしまいます。治療の精度を高めるために当院ではラバーダムというシートを活用します。治療をする歯だけをシートの上に露出させて治療するので、細菌が根管内に入るのを防ぎ、また、薬剤が口腔内に流入するのも防ぎます。唇や舌、呼気や唾液が治療器具に触れません。治療に集中できるのもメリットです。

確実な根管治療のために~マイクロスコープ~

確実な根管治療のために~マイクロスコープ~

細く複雑な形状をしている根管は裸眼ではなかなかはっきりとは捉えきれません。米国では根管治療は専門医が行いますが、マイクロスコープ(手術用顕微鏡)を使って拡大視しながら精密治療します。とくに西海岸ではマイクロスコープを早くから導入して、根管治療の成功率を高めているのです。当院でもマイクロスコープを導入した精密根管治療をご提供します。

お子様のお口の健康を守ります~小児歯科~

お子様のお口の健康を守ります~小児歯科~

子どもの歯、乳歯は永久歯にくらべて、むし歯への抵抗力が低いうえ、いったんむし歯に汚染されてしまうと進行が早いのが特徴です。「でもいずれは永久歯に生え替わるから」と乳歯のむし歯を放っておいてはいけません。あとから生えてくる大切な永久歯がむし歯にかかりやすい環境に生えてくるうえ、歯列にも悪影響をおよぼす可能性が高くなります。

お子様の健康を守ってあげられるのは親御様です。私たち医療スタッフはお子様のお口の健康維持をサポートします。お子様のお口まわりで気になることがありましたら、何でもお気軽にご相談ください。

初期のむし歯に~カリソルブ治療法~

「できるだけ歯を削りたくない」「ドリルでキーンと削るのがこわい」方におすすめする初期のむし歯の治療法です。むし歯に汚染された部位を軟化してから除去します。健康な歯質を傷つけることがないうえ、痛みを抑えられる治療法です。